スクリーンショット 2022-08-11 18.31.21.png

日本の内装仕上げ材といえば、塩化ビニール製壁紙です。日本における塩化ビニール製壁紙の年間生産量は約6億㎡。しかも、そのうち約7割にあたる4億㎡の塩化ビニール製壁紙は張り替え需要によるものです。

張り替えによる古い塩化ビニール製壁紙はリサイクルかそのまま廃棄されてしまいます。

しかし、リサイクルでの処理能力はまだまだ低いため、毎年およそ4億㎡近い膨大なゴミが廃棄されていることになります。

そこで、横浜Kowa Hillsでは、環境先進国ドイツをはじめとする欧州で多く使用されている紙系壁紙、オガファーザーを使用しました。

​紙系クロスの歴史は古く揮発性有機化合物の発生や環境リスクの危険性がない壁紙です。

オガファーザーの特徴

スクリーンショット 2022-08-11 18.32.42.png

塩ビクロスにはない
​高い調湿作用

カビの発生リスクを低減

スクリーンショット 2022-08-11 18.33.42.png
スクリーンショット 2022-08-11 18.35.00.png

ハウスダストの少ない快適な室内空気環境に

スクリーンショット 2022-08-11 18.34.34.png

塩ビクロス

静電気でホコリを寄せ付けてしまう

オガファーザー

ホコリを寄せ付けない

スクリーンショット 2022-08-11 18.35.26.png

メンテナンスは漆喰調の自然塗料を塗るだけ

オガファーザーとは、

​190年以上続く自然素材でできた紙クロス。

オガファーザーは、ドイツのヴァパータールにある1827年創業の会社が作った自然素材でできた紙クロスとしてドイツ国内に広く普及している一般的な壁紙です。 種類は再生紙とウッドチップを使ったウッドチップクロスと、バージンパルプを使ったフリースクロスとがあり、自然素材によるやわらなか質感があり、ナチュラルや、モダンなど幅広いデザインに相性がいい素材です。
また、張り替えが必要のない製品ということもあり、今では世界の30カ国以上の国々から持続可能なエコロジー製品として様々な認定を受け、住宅以外にもホテルや公共施設など様々な空間づくりを演出しています。

自然な壁紙

オガファーザーのウッドチップクロスは、ドイツの新聞紙の再生紙と、木の製材時にでるおがくずを使って作られる環境にとても優しい壁紙です。また、フリースクロスはバージンパルプを使ってできた紙クロスで、スムーズ、柄のついた3種類をラインナップしています。
どちらも塗装用の下地壁紙として生まれた素材で、施工後に呼吸性のある塗料で塗装をすることで仕上がります。製法も特殊な圧着方式で、天然成分が主成分なので化学物質の影響を心配せず安心して使えるのが特徴です。 安全性、コストバランス、耐久性の良さからドイツ国内では、一般住宅の約6割、そのほかにも高級ホテルや、高級レストランでも一般的に使われるのはこのオガファーザーです。 日本では塩ビクロスが一般的ですが、これから省エネを考えた高気密高断熱の住宅が増えるので、こういった呼吸性のある自然素材での仕上げがより求められてきます。

ougah-about_img02.jpeg
top_sec03_img01.jpeg

環境保護への思いやり

 

オガファーザーは、製造時に廃棄物となる材料の削減、排気ガスや排水による環境リスクへの取り組み、エネルギー消費を最小限に抑えるなど、エコロジカルな取り組みを行っています。また、原料は主に再生可能なものを使用しています。
住む人の健康はもちろんのこと、製造者の健康にも安全性の責任を持つ自然素材です。その安全性は、ブルーエンジェルマークをはじめとして世界で広がるエコロジー建築の認証制度EPD(Environmental Product Declaration)やドイツ政府で進められている世界最先端のエコ建築評価制度であるDGNBなどにも認証を受けその安全性が証明されています。

ougah-about_img03.jpg

透湿性と健康

※試験体〔さわやか石膏ボンド=チヨダウーテ株式会社 使用〕 ※数値は平均

オガファーザーは紙でできた壁紙なので、一番の特徴は呼吸性がある素材であるということです。透湿性建材に求められる透湿試験でも、一般的な塩ビクロスに比べ、約16倍の放湿性能(JIS A 6901:2005せっこうボード製品に準ずる。)の呼吸性能を持っているほどに、性能が高いこともメリットの一つと言えます。 また、日本の住環境では、湿気が基によりカビの発生が多く健康被害がありますが、オガファーザーは呼吸性があり、湿気が行き来できる為、カビの発生リスクを低減できます。それだけでなく、自然素材であるため塩ビクロスとは異なり、素材の表面で静電気が発生することがなく、壁に埃を引き寄せません。 なので、アレルギー物質の少ない快適な室内空気環境を作れる素材と言えます。

張り替えが必要ない壁紙

オガファーザーは、一度張ると張り替える必要がなく、メンテナンスは当社の取り扱うリボス自然健康塗料のデュブロンという漆喰調水性塗料を使います。 国内で生産される塩ビ系壁紙は約6億㎡/年(約18万t)もあり、その用途は約7割が張替えというものです。そうなると毎年廃棄されるゴミの量は約10万tにも及び、その多くが焼却か埋め立てられています。 その現状を変えるため今後エコ製品が日本に広まるよう当社も啓蒙活動を続けてきました。また、メンテナンスに用いるデュブロンは、天然100%の漆喰調塗料です。 天然チョークが主成分なので、呼吸性も高く、仕上がりはまるで漆喰を塗ったように素材感のある上質な空間になります。塗り替え回数も10回以上可能で張り替える必要がなく、廃棄物を出しません。